今年は花見・・・・無し!

天候もいまいちで、休日と桜の見ごろが一致せず

プライベートと仕事が大きく転換し、季節の変わり目にも、

ゆっくり味わう時間もなく、気が付けば

4月も半ば。

なので、PC から桜を検索して、今更ながらの花見と

きたもんだ。

でもやっぱり、桜っていいですねぇ~~(^^♪

PCで見ていても2時間位、あっという間にたってしまいました。

(さくら)と言えば、ダイヤモンドにも、さくらカットというのが

あるんですよ。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ダイヤのカットは、

一般的なブリリアント、エメラルドカット、バケットカット、プリンセスカット、

ステップカット、オーバルカット、ハートカット、トリリアンカット、

その他いろいろ。

そして、さくらカットというのもあります。

 【さくら ダイヤモンド】

ダイヤモンドは一般的に、ブリリアンカット(58面体)ですが、

さくらカットは、87面体でカットされ、専用のスコープで見ると

5枚の桜の花びらが、見ることができます。

(より見えやすくする為に、スコープの内側がピンク色になってます)

カットはベルギーのアントワープで熟練のカッターによるものですが

一日にわずかな量しか、カットされません。

concept_photo.jpg

ダイヤのクラリティは(透明度)はVS以上を使用し、

繊細なきらめきは、女性の心を魅了されます。

以前、展示会でご案内したお客様に、ホロスコープでお見せすると

ほとんどの方が、「あらぁ~~~綺麗!」と感激されます。

( ダイヤに始まってダイヤに終わる )と言われるように

実に奥深いものがありますよね。

良質なダイヤモンド原石があっても、カットで輝きが、全然違います。

記念日に、思い出に、自分へのご褒美に、いろいろな購入タイミングが

あると思いますが、カットで選ぶのも一つの選択肢かもしれませんね。